2014年02月19日

官製リスクマネー急増

「官製リスクマネー急増 13年末の供給残高、過去最大 税財源に頼らず乱立 官民ファンド、民業圧迫も」(日本経済新聞2014.2.19)

(記事一部引用)
 政府が官民ファンドなどへの出資を通じたリスクマネーの供給を増やしている。政府出資に使う「産業投資」の残高は昨年末で4兆6069億円。前年末比13%増加し過去最大となった。安倍政権がつくった官民ファンドの乱立を反映しており、民業圧迫になりかねないとの懸念も根強い。税財源に頼らない政府マネーの拡大は厳しい財政事情の裏返しでもある。
(引用終わり)


政府の財政投融資特別会計の産業投資(官製リスクマネー)の残高が急増し、この3年間で1兆円近く増え、2013年末時点で4.6兆円となったようです。もっとも、産業投資の直接の投資先は公庫などの特殊法人や官民ファンドなどの一種の政府機関であり、4.6兆円のキャッシュがそのまま民間リスク部門に供給されたわけではないことに注意する必要があります。

官製リスクマネーの問題は、実需の裏付けなしに予算措置により巨額の資金が投じられ、特殊法人や官民ファンドなどの公的部門が肥大化すること、それにより民業が圧迫されること、公的部門は一般に経営が非効率なので様々な無駄が生じやすいことなど、昔から言われていることが今でも当てはまるといえます。

過去に3セクなどの公的投資で巨額の損失を被って痛い目を見たのと同じような手法を再びとるところ、今後の投資パフォーマンスや所期した政策効果の達成状況が注目されます。
posted by kinyu-bengoshi at 18:36| 日記
リンク集