2013年10月18日

経営者個人保証に依存しない融資

「個人保証ない融資を実行」(中国新聞2013.10.6)

(記事引用)
 商工組合中央金庫広島支店(広島市中区)と福山支店(福山市)は、経営者の個人保証を求めない融資を広島県内で初めて実行したと発表した。商工中金が4月に始めた制度で、新分野への進出や創業を後押しする。
 新制度は、業績を小まめに報告するなど一定の条件を満たせば、経営者の個人保証がなくても貸し出す。経営者は負担が軽くなり、投資や新事業をしやすくなる。
 広島支店は手袋製造のアトム(竹原市)に1億円を融資した。より丈夫な手袋の開発・製造や、東南アジアでの農作業用長靴の販売事業に使う。資金は広島県内とタイの工場の設備更新などに充てる。同社は「事業の評価を得た融資なので、企業のステータスにもなる」と受け止める。
 福山支店は、ソフトウエア開発のドリームネッツ(福山市)に1500万円を融資した。
 中小企業向け融資の多くには個人保証が付いている。個人のリスクが大きく起業や事業展開を妨げているとして、国は年内にも在り方を見直す指針をまとめる。
(引用終わり)


経営者個人保証を求めない中小企業向け融資は、政府系金融機関の商工中金が先行する形で積極的に取り組んでいるようです。

経営者個人保証の問題については、中小企業庁と金融庁が設置した「中小企業における個人保証等の在り方研究会」において議論が行われ、5月に「中小企業における個人保証等の在り方研究会報告書」が公表されました(経営者保証新ガイドライン(指針))。その後、同報告書を受けて、金融庁と中小企業庁によりガイドライン策定のための検討会議が設置され、年内策定に向けて議論が行われています。

経営者個人保証に依存しない融資については、ガイドライン策定を待たずに商工中金等において既に取り組まれていますが、前記報告書では、停止条件付保証契約(又は解除条件付保証契約)、ABL、金利上乗せ、物的担保等の併用により信用リスクに見合った債権保全を図るといった融資手法が具体的に明記されています。この中でも、停止(解除)条件付保証契約はこれまであまり一般的ではなく、関心も高いところです。

前記報告書や停止条件付保証契約などについては、拙稿「経営者個人保証に依存しない融資に向けた検討事項〜停止条件付保証契約を中心に〜」(銀行実務2013.11)で触れていますので、適宜ご参考いただければと思います。
posted by kinyu-bengoshi at 18:13| 日記
リンク集