2013年04月26日

中小企業の新事業展開の課題(ヒトか金か)

「中小白書「人材確保が課題」 悩む事業者の声目立つ」(日本経済新聞2013.4.26)

(記事引用)
 政府は26日、2013年版の中小企業白書を閣議決定した。創業が00年以降で海外展開を目指す企業の72.9%が事業が軌道に乗る時に「質の高い人材の確保」が課題だと答えた。営業損益が黒字化し業務量が増え始めるにつれ、人材不足に悩む事業者の声が目立った。
 必要な人材像を見ると、海外展開を目指す企業は高度な技術を持ち販路の開拓を担う人材が必要だとわかった。一方、地域での事業展開を目指す企業には後継者候補が必要との声が多く、事業継承が問題となっている様子がうかがえた。
 人材不足に対処するためには、インターンシップ(就業体験)の実施が有効だと指摘。特に新卒の学生が現場で必要な技術を習得するためや、育児などで一時的に退職した女性が職場に復帰する際の活用を強調した。
(引用終わり)


2013年版中小企業白書によれば、起業から5〜10年のいわゆる安定・拡大期における企業(少なくとも1期は営業黒字化した段階)の課題は、「質の高い人材の確保」がトップだったようで、グローバル成長型企業の72.9%(成長初期比+10.7%)、地域需要創出型企業の60.9%(同+5.7%)が課題として挙げたようです。他方、資金調達を課題に挙げたのは、グローバル成長型企業の35.6%(同▲20.4%)、地域需要創出型企業の31.1%(同▲17.3%)にとどまり、課題として挙げられた順位も、質の高い人材の確保、新たな製品・商品・サービスの開発、販路拡大・マーケティング、製品・商品・サービスの高付加価値化に次ぐ5番目(全8項目中)にとどまったようです。
以上によれば、安定・拡大期の中小企業の前向きな資金需要に対しては金融機関の融資環境は比較的良好のようにみえます。

他方、資金繰りDIは、2012年4月に▲18.1まで回復した後マイナス幅が拡大に転じ、同年10月の▲25.0を底を打った後、再び回復に転じ、2013年2月は▲21.4となっています。調査主体の全国中小企業団体中央会HPによれば、2013年3月は▲19.2まで回復したようで、4月25日の金融庁全国財務局長会議でも報告されたように、金融円滑化法終了のソフトランディングが図られたようにみえます。

実質的なモラトリアムが続く間に借り手中小企業側が経営改善を果たし、上記のいわゆる安定・拡大期における企業のように、金よりもヒトの方が課題になるようになることが1つの目指す方向といえそうです。

金融円滑化法や事業再生などにつきましては、弊事務所HPの中小企業金融円滑化法事業再生Q&A 金融機関取引の基本 事業再生・倒産編なども適宜ご参照いただければと思います。
posted by kinyu-bengoshi at 23:41| 日記
リンク集